導入実績多数!代表組/ダイヤルインなら電話回線.jp

代表番号がすぐ欲しい、代表番号で着信を取りたい方は電話回線.jpがお得で便利!

代表番号・FAX番号がすぐに取れます。代表組/代表ダイヤルインの細かな設定ならお任せください!!

代表電話・代表番号・代表組・ダイヤルインを導入するなら電話回線.jpがお得!その理由をご説明します

オール0円プラン!なんと!初回工事費+NTT電話加入権が無料!

お客様のニーズと環境に合ったサービスをご提案します!

代表組

同設場の複数電話回線をグループ化することで1つの代表番号とし、
なおかつ複数同時に発着信できます。

発信:代表番号で複数発信ができる。/着信:代表番号で複数着信ができる。
1~4どのボタンを押しても代表番号発信ができます。

ISDN1回線では代表番号を同時2着信までしか使えませんが、ISDN2回線で代表組を組んだ場合、
代表番号で4発着信可能です。

契約回線を1つのグループに組むことで、代表番号による発着信がすべての回線で可能となります。
代表親番号の回線が通話中の場合でも、子番号の空いている回線で着信に応答できるので、電話のつながりにくさを解消できます。月額料金は不要です。

電話回線.jpならお客様の利用ニーズに合わせてご提案とご手配をさせて頂きます。

このページのトップへ

代表ダイヤルイン

電話回線の契約本数を増やさずに、電話番号のみを追加で複数取得。用途に合わせて電話番号をそれぞれ割り当てることができます。通信コストを抑えながら電話番号を増やしたい方へオススメです。

少ない契約回線で複数の番号が持てます。
ボタン1~8の内、最大4発着信可能です。

少ない契約回線で複数の番号を取得し、実回線を持たない番号も着信できます。
番号ごとに電話を鳴り分けることで、担当部署へのダイレクト通話が可能となります。追加番号の取得は1回線から承ります。月額料金は800円(税抜)です。

1.[対象]電話回線を3回線以上お申込みの方 初期費用オールゼロプラン(電話加入権、ターミナルアダプタ、電話工事代金)

見積もりいらず!なんと初期費用0円

2.電話回線とビジネスフォンを同時申し込みでビジネスフォン初期導入費用を大幅値下げ!

お申込み内容によっては良品中古ビジネスフォンの代金も無料になる場合もございます!

代表組や代表ダイヤルインの機能を効率よく利用するためにはビジネスフォンの導入をオススメします。
他社でビジネスフォンをご用意したお客様や現在利用中のお客様でも、代表組や代表ダイヤルインなどの電話回線コンサルティングを無料でご提案させていただきます。

電話回線.jpならお客様の利用ニーズに合わせてご提案とご手配をさせて頂きます。

このページのトップへ

電話回線.jpがご提案する、代表組/代表ダイヤルインの便利な使い方

使用事例1

社員が8人の事務所に、代表組+ISDN3回線を導入
最大6人まで代表番号通話を同時に利用できます。代表番号に掛かってきた電話を複数名で受電することができるので、大事な電話を取り逃してしまうことがありません。社員が増えたら、最大8人、10人、と発着信数を増やすことも可能です。
最大6人まで代表番号通話が同時利用可能!

使用事例2

社員が30名の事務所に、代表ダイヤルインISDN回線導入
代表番号と各部署の電話番号を振り分ける。電話を掛けてくるお客様には直接話したい部署の電話番号をダイヤルしてもらうので、電話の取次ぎが少なく手間がかかりません。また発信する場合は掛けている部署の電話番号が表示されるので、どこからかかってきたか相手に分かりやすくなります。
着信者:目的の相手へ直接電話が掛けられる。/発信者:誰から掛かってきたか分かりやすい。

代表組 代表ダイヤルイン Q&A

取引先が増えてきて、今の電話回線では着信が取りきれなくなってしまったので、電話着信数を増やしたい
電話回線.jpにて電話回線の増設手配と代表組の手配、ビジネスフォンの設定など窓口1本で対応させて頂きます。また、初期に掛かるコストを最小限に抑えたプランをご案内させていただきます。
複数の電話番号で同時に何通話も出来る様にしたいが、電話回線の手続きやビジネスフォンの設定がわかりません。
お客様の利用環境と利用ニーズをヒアリングさせて頂き、最適なプランをご提案します。電話は会社のライフラインとしてとても重要ですので、お客様の使いたいように設定することを心がけています。
電話回線は複数契約しているのですが、数が多くて管理できていません。無駄な回線を整理して欲しい。
電話回線.jpでは、無駄を排除して、低コストでお客様のニーズにお応えできるプランをご提案しています。代表組みと代表ダイヤルインを上手に活用すれば、電話を低コストで便利に使えるようになります。

このページのトップへ

このページのトップへ