導入実績多数!端末機器転送なら電話回線.jp

最大65%コスト削減できる転送電話を電話回線.jpがご提案します!

端末機器による転送で転送電話の通話料を削減しながら転送機能が使える。電話回線.jpならお得!な利用方法をご提案します。

オール0円プラン!なんと!初回工事費+NTT電話加入権が無料!

お客様のニーズと環境に合ったサービスをご提案します!

コストを重視するなら端末機器による転送

外出中に掛かってきた電話を受け取りたい→指定の電話番号へ転送 ※転送先には発信元の電話番号が表示されます

端末機器の転送電話なら、いつでもどこへでも電話を自動転送できる

同時に呼び出しする

無条件転送

掛かってきた電話が転送元の事務所やご自宅の電話機を呼び出すことなく、指定している転送先の電話を直接呼び出します。この転送電話設定では直接呼び出すことによって掛けてきた方を待たせず電話応対が可能となります。

転送同時呼出

掛かってきた電話を固定の電話機と指定している転送先の電話を同時に呼び出すことが可能です。この転送電話設定では同時に呼び出す理由としまして、事務所にいる方か外出先の方で受信可能な人が応答することができます。

電話回線.jpのオススメプランを導入すれば月々の通信コストがこんなに削減できる!

約65%コスト削減!
【月額料金】
機器転送料金 0円
  NTT回線 転送サービス
docomo
/1分
23円 16円
au
/1分
30~40円 16円
SoftBank
/1分
40円 15.5円
固定電話
/3分
8.5円~80円 8.5円

端末機器で転送するにはISDN1回線の2チャネル必要です。電話回線.jpなら転送の通話料を無料にできる特別プランをご用意しております。

このページのトップへ

電話回線.jpがご提案する、端末機器転送のお得な使い方

使用事例1

事務所への電話は常に携帯電話に転送しているので、転送電話のコストを気にせず利用したい。
電話回線.jpで提供している端末機器と電話回線のセット導入で、転送通話料金が0円に。何回でも何時間話しても通話料金が高くならないので、気軽に転送電話を利用できるようになりました。
通話料金無料!!

使用事例2

携帯電話に直接掛かってくる電話と、転送で携帯電話に掛かってくる電話を区別したい。
端末機器による転送電話だと、転送されてきた電話はすべて事務所の固定電話番号が表示されるので、転送で電話が掛かってきたことが判別可能に。また電話とFAXで同じ番号を使っている場合も、電話のみ転送させることができるので、FAXが転送されてきて困る心配がなくなりました。
電話だけを外出先に転送

端末機器による転送 Q&A

端末機器の転送設定はどうやって行うのですか?
転送先の登録、転送パターンの変更、転送ON/OFFなどは、すべて端末機器に接続されている電話機で操作を行います。電話回線.jpでは初回にお客様の転送オーダーを登録しますので、ボタン一つで転送のON/OFFが可能となります。
外出中に急遽転送電話は使いたい場合はどうすればいいのですか?
端末機器の機能としてリモートコントロール機能があり、外出先から転送のON/OFFや転送先電話番号の変更が可能です。電話回線.jpで提供する機器は、あらかじめ登録作業を行った状態で出荷するので難しい操作は必要ありません。
転送電話の料金が高いのですが、削減する方法はありますか?
電話回線.jpで提供している端末機器と電話回線を利用して、転送通話料金を無料にできるプランもご案内しております。お客様が利用している固定電話や携帯電話の種類によって異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

このページのトップへ

このページのトップへ